カートを見る ログイン ご利用ガイド お問い合わせ お客様の声 サイトマップ

カッティングシート 黒板リメイク

カッティングシート®黒板を使ったリメイク方法

おしゃれなカフェや雑貨屋さんに行くと、「自分の部屋もこんな風にしてみたいなぁ」なんて思いますよね。
ここ数年、さまざまなメディアでDIYテクニックが取り上げられ、自分の部屋をリメイクする人が増えています。
その一方で、「リメイクって、力仕事だったり、工具を使う作業だったり、なんだか難しそう…」と、躊躇してしまう人も。

そんな方々におすすめなのが、チョークアートを使ったリメイク!
DIY初心者の方でも手軽にできる方法があるんです。
チョークで手書きされた文字や絵には温かみがあって、とっても素敵ですよね。

では、さっそくチャレンジしてみましょう。

普通の収納ボックスを、黒板シートでおしゃれに♪

今回ご紹介するのは、黒板シートを使って、収納ボックスをリメイクする方法です。

  • 「収納ボックスって、中に何があるかわからない」
  • 「どこにでもある収納ボックスを、おしゃれなインテリアにしたい」
  • 「子どもが収納ボックスに落書きをしてしまった」

こういったお悩みや問題を、一気に解決できちゃいます。
しかも、黒板シートはカッターナイフで簡単に切れて、シール状になっているので貼り付けも簡単!

まずは、必要なものを準備しよう!

用意するもの

  • ●カッティングシート®黒板
  • ●カッターナイフ
  • ●マスキングテープ
  • ●定規
  • ●プレスタ

今回使用する黒板シートは、1,010mm×500mmで、税込み1,890円です。

プレスタとは、シートをしっかり貼り付けるために使うヘラのこと。
シートの中に入った空気を押し出すときに、これがあると便利です。

サイズを測って、シートをカット

まず、黒板シートを貼りたい収納ボックスの表面の大きさを測ります。
必要なシートのサイズがわかったら、カッターナイフでシートを切りましょう。

≪ポイントその1≫

必要なサイズよりも1cmくらい大きくカットしましょう。
ジャストサイズにしてしまうと、ぴったり貼るのが難しくなってしまいます。
余分な分は、あとで切り落としてしまえばOKです。

次はいよいよ、シートの貼り付け!

黒板シートの裏紙の端を3cmほど剥がして、裏紙に折り目をつけます。

≪ポイントその2≫

必折り目をしっかりつけると、剥がした部分を貼り付ける際に邪魔にならず、作業がしやすくなりますよ。

≪ポイントその3≫

そして、貼る箇所の端に合わせて、シートを貼り付けます。
今回の中で、一番ドキドキする工程ですね。
ここは、丁寧に、丁寧に。

シートが剥がれないように、しっかりと貼ることが重要!
両端を同時に貼るのが難しい場合は、まず片側の端を合わせてマスキングテープで固定し、シートを軽く引っ張りながら貼り付けます。

シート全体を接着しよう

最初に剥がした3cm分がボックスに貼れたら、裏紙の折り目をつけた部分を持って、裏紙を少しずつ剥がしながら、収納ボックスの全体にシートを貼っていきます。

≪ポイントその4≫

必貼り付けたシートの中央上からプレスタを使って、八の字を描くように、左右に空気を押し出していきましょう。

余分なシートを切り落とそう

表面全体にシートが貼れたら、ボックスの端に沿ってはみ出している部分をカッターナイフで切り落とします。

これで作業は完了!

シートが貼れたら、ボックスを棚に入れてみましょう。
黒板シートの色が部屋の印象を引き締めて、落ち着いた雰囲気に!
インテリアの色がひとつ変わるだけで、お部屋の印象だけでなく、気分も違ってきますよね。

仕上げは、チョークでお絵かき♪

ボックスの中に何が入っているのかを文字で書くもよし、イラストで描くもよし。
ちなみに、チョークにもいろいろな種類があります。

  • ・カラーチョーク
  • ・細字チョーク
  • ・ダストレスチョーク
など

ダストレスチョークは、骨や歯の主成分である炭酸カルシウムでできているので、粉が口に入ってしまっても安全です。

書いたり、消したり、使い方は自由自在!

黒板シートにチョークで書いた文字や絵は、ウエットティッシュや濡れ雑巾などで簡単に消せるところもGood!

ボックスの中身を入れ替えて、いつでも書き変えられます。
また、お子様がいらっしゃる場合には、お絵かきスペースとしても使えちゃいます。

お店でも使える本格的な黒板シート

今回使用した黒板シートには大きなサイズのものもあり、平らな場所ならどこでも貼れて、粘着力も抜群。
おうちだけではなく、カフェやレストラン、雑貨屋さんといった店舗でも使えます!

ガラスウィンドウに貼ってメニューにしたり、壁一面を黒板にしたり。
また、テーブルに貼れば、何でも自由に書き込める販促ツールになりますよ。

さぁ、手軽にできるDIYで、おしゃれライフを楽しみましょう!

ページトップへ